Shop Information

SHOP グリーンビーントゥバーチョコレート 中目黒店
住所 〒153-0042

東京都目黒区青葉台2-16-11

サイト http://greenchocolate.jp
賞味期限の目安 1ヶ月以上
お取り寄せ 不可

About This Souvenir

green bean to bar chocolateとは?

グリーン ビーン トゥ バー チョコレートは、中目黒にあるbean to barチョコレートの専門店。カカオ豆の選別や焙煎などすべての工程を手作業で行っています。

 

店舗は東京は中目黒に、そのほかには福岡にも店舗があります。

 

 

世界各地のカカオ豆がチョコレートに

 

産地はマダガスカルやコロンビア、ベトナムにブラジルと本当に様々。店頭ではタブレットチョコレートの試食もさせてもらえました。

 

一部の商品はフルーツ等が入っていましたが、基本的にはカカオ豆とシュガーのみ。それなのに味が全く異なっていたり、何もフルーツが入ってないのにベリーっぽい味がしたりと不思議な感じでした。

 

そのほかにもボンボンやグラノーラなどの魅力的な商品が並んでいます。店内にはカフェも併設されており、ホットチョコレートやケーキ等をゆっくり味わうことも出来ます。

包み紙もすてき

ラッピングに使われているのは和紙なのだそう。和柄がとってもクールです。

 

そんな和柄なパッケージのなかでひときわ目をひいたのが今回ご紹介したいALPACA(アルパカ)。対照的にポップなカラーのネイティブな柄のデザインが印象的でした。

 

アルパカは日本初上陸

店員さんによるとアルパカはオープン1周年を記念して作られたチョコレートで、日本初上陸のペルー産カカオ豆を使用しているそう。キヌアが入ったものもありましたが、今回はキヌアが入っていないものを購入しました。

味わいは、何とも説明が難しいのですが、奥深い感じ。ちょっとくせがあるというか…。お店のWEBサイトには以下のような説明が記載されていました。

 

木の幹や葉を思わせるウッディ、繊細なフローラル、そしてハーブのアロマ。 上品さを兼ね備えた、はっきりとした力強い味わいが特徴です。 渇いた森を連想させるアロマからは、繊細なフローラルアロマや、タイム、ローズマリーのようなドライハーブを想起させる清々しいアロマもあります。 わずかな渋みが、新鮮さや、個性をもたらします。 男性的でありながら、上品さも感じることができます。非常に複雑なアロマと味わいを兼ね備えた一枚です。

 

引用元:http://greenchocolate.jp/products/#alpaca

 

うんうん、そんな感じな気がします。ハーブっぽい感じ。ちびちびとコーヒーと一緒に大事に食べたいような感じです。

 

 

特別なおくりものに

価格はちょっとお高めですが、日本ではなかなか味わえない貴重なチョコレート。

 

パッケージもおしゃれなので、バレンタインなどの贈り物にもおすすめです。

1
スポンサーリンク