Shop Information

SHOP DOU(ドウ)ルミネエスト新宿店
住所 〒160-0022

東京都新宿区新宿 3-38-1 ルミネエスト新宿店 地下1階

サイト https://namadorayaki.com
賞味期限の目安 3~6日
お取り寄せ 不可
Googleマップで開く

About This Souvenir

 DOU(ドウとは)

DOU(ドウ)は新宿・池袋にある生どら焼きの専門店。チーズタルトやアップルパイのRINGO、東京駅土産のプレスバターサンドなどを手がけるBAKE Inc.(ベイク)の和菓子ブランドです。

2017年5月に東武池袋駅構内に1号店がオープン、その後同年9月にルミネエスト新宿内に2号店がオープンしました。

BAKE Inc.では初めての和菓子ブランドで、和菓子の定番であるどら焼きに洋菓子の要素を組み合わせた新しい生どら焼きを提案しています。

パッケージデザインも新しい

生どら焼きのDOU(ドウ)の袋

ベージュがかったピンクとエメラルドグリーンのパッケージは和菓子には珍しい色合い。淡い色の組み合わせにきゅんとしてしまいますが、どちらも銅から派生する色でこの2色を選んだ意味もちゃんとあるのだそう。

今回は生どら焼きミニを2個購入したため、上の画像の長細いビニールの袋に入れてくれました。もう少し数が増えると同じ柄の箱や紙袋になるようです。

この長細い袋ですが、ただ入れて渡すだけでなく、袋の取っ手を結んでくれ、巾着のようにして渡してくれました。

生どら焼きDOU(ドウ)の巾着のようなショップ袋

店頭にもこのかたちに結ばれたショッパーがたくさん並んでいてかわいかったです。細やかなところにも和のこだわりがうかがえますね。

生どら焼きミニを購入

DOU(ドウ)の生どら焼きミニ2個入り

DOU(ドウ)では通常サイズの生どら焼きと半分のサイズの生どら焼きミニの2種類があります。

通常サイズの生どら焼きは2枚の生地にあんこやクリーム、求肥(ぎゅうひ)がサンドされた従来のどら焼きのような見た目。ミニの方は1枚の生地を半分に折りたたんだワッフルサンドのようなかたちになっています。

生どら焼きは1個324円で4個購入すると1252円(44円引き)とちょっぴりお得。生どら焼きミニは1個237円なのですが、生どら焼きのパッケージに2個入れての販売となるというパッケージの関係で偶数個でないと買えないようです。

今回は生どら焼きミニを購入しました。プラスチックの容器に2個入っています。プラ容器も上部におしゃれな模様が入っています。

見た目もかわいいどら焼き

新宿・池袋にあるDOU(ドウ)の生どら焼きミニ

いい焼き色のどら焼き生地に、あんことクリームがサンドされ、サイドに求肥(ぎゅうひ)が置かれていて、見るからにおいしそう。

クリームのこんもり感とかぎゅうひのキューブだけどやわらかい感じがなんともかわいらしいです。

ちょっと大人なお味

DOU(ドウ)の生どら焼きミニの断面
断面を見るとクリームとあんこがぎっしり詰まっていることがよく分かります。

どら焼き生地は従来のどら焼きよりもふかふかした印象。本来のどら焼きの生地はしっとりずっしりと重みがあると思うのですが、こちらはしっとりはしているけど軽く、まさに洋菓子との融合という感じがします。

クリームは甘さ控えめですっきりとしていますが、ミルクの濃さがしっかりと感じられ、あんこや生地によく合います。ラムも効いていてちょっと大人な味。

北海道十勝産の最上級あずき「雅」を使用したつぶあんも甘ったるくなく粒感もちょうどいいです。

求肥に使われているもち米も北海道産の「はくちょうもち」というものなのだそう。もちもちとしていますがとってもやわらかくいいアクセントになっています。

定番のどら焼きとは違い、洋のエッセンスもかなり取り入れられていて、コーヒーや紅茶と食べてもおいしいと思います。

個人的にはミニサイズでもボリュームはしっかりあり、ワンハンドでさくっと食べやすいので、差し入れにもいいのではないかと感じました。

新感覚のどら焼きを手土産に

日持ちは購入日を含めた3日と、生菓子にしては少し長いのはうれしい点。要冷蔵ですが、保冷材もつけてくれるので、かなりの遠方でなければお土産として持っていけそう。

店舗も現時点では都内にしかないので、特別感もありますね。

従来の和菓子のイメージとは異なる新しいどら焼きやパッケージは手土産に喜ばれるのではないでしょうか。

DOU(ドウ)の生どら焼きミニ製品表示
1
スポンサーリンク