Shop Information

SHOP カファレル 東京駅グランスタ店
住所 〒100-0005

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 東京駅地下1階グランスタ内

サイト http://www.caffarel.co.jp
賞味期限の目安 2~3週間
お取り寄せ 不可
Googleマップで開く

About This Souvenir

Caffarel(カファレル)とは

Caffarel(カファレル)はイタリアのチョコレート専門店。創立は1826年とイタリアのなかでも老舗です。

日本には、1994年に上陸。きのこポットやてんとうむしのポップなチョコレートは目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

イタリアピエモンテ産のヘーゼルナッツが練りこまれたミルクチョコレートであるジャンドゥーヤも人気のチョコレート。カファレルはこれを1865年にはじめて作っています。

 

 

東京土産の新たな定番

そんなジャンドゥーヤチョコレート誕生150周年を記念し、2015年3月に東京駅グランスタ店にて限定発売されたのが今回ご紹介する「東京ジャンドゥーヤチョコパイ」です。

時々羽田空港等で期間限定販売されていることもありますが、基本的には買えるのは東京駅グランスタ店のみで、ネット通販やお取り寄せも出来ません。そういったことからも今や、東京駅土産の新たな定番となっています。

 

 

さわやかでおしゃれなパッケージ

パッケージはぱっと見は青と白のおしゃれな印象のものですが、よくよく見るとイタリアの国旗やカファレルを代表するきのこやてんとう虫がかわいらしく描かれています。

箱を開いてみるとゴールドの袋で個包装されたチョコパイが並びます。商品説明のカードも三角の形をしています。

中身のチョコパイも三角形なのですが、この形はジャンドゥーヤの名前の由来にも関係しているそう。もともとジャンドゥーヤとはイタリアの喜歌劇に出てくる陽気なトリノ人のキャラクターのことだったそう。彼がかぶっていた三角帽にちなんで三角の形のパイを作ったといったことが商品説明のカードには書かれていました。

 

 

パイはサクサク、チョコは濃厚

サイズ感は2~3口くらいで食べられるちょうどよい感じ。間にはさまったジャンドゥーヤチョコレートがはみ出して見えます。

半分に割ってみるとけっこうぎっしりとチョコレートが詰まっていることがわかります。パイ生地はさくさくっと軽い食感、中のジャンドゥーヤチョコレートはなめらかで濃厚です。ヘーゼルナッツの香りや風味がしっかりと感じられます。

お子様からお年寄りまで幅広く愛されるようにとの願いから作られている通り、幅広い年代の方に愛されるお菓子だと思います。

 

 

買えるのはJR東京駅のなか

購入できる場所はJR東京駅構内のグランスタという商業施設です。駅ナカ店舗のため、購入にはJRの入場券や乗車券が必要になります。東京駅から新幹線等を利用しどこかに向かわれる際には便利ですね。出張や帰省等のお手土産にいかがでしょうか。

1
スポンサーリンク